ハタヨガ

90分 ディーン

※土曜10:00〜

 

 

ディーンさんのクラスを説明するのは難しい。敢えて形容するなら即興のジャズのようなクラスと言ってみましよう。

ディーンさんは自分が持つクラスに来てくれる人たちを「生徒」とは呼びたくありません。自分が「先生」である意識がないからです。

(恐らくバナムの先生達は皆同じ想いだとは思いますが、そこに対するこだわりを一際強く感じました。)

それを尊重して、ここでも「ディーン先生」ではなく「ディーンさん」と呼ぶことにします。

自分の持つヨガの知識・知恵を「シェア」する場がクラスであり、その動機は「慈愛」のような感情だと僕は感じました。

毎度クラスの内容は異ります。
呼吸法に重きをおく日もあれば、伝統的なヨガの知識を存分にシェアして、椅子、ブロック、ベルトなど、あらゆる道具を思いも寄らない方法で駆使し「筋肉の教育」を行う日もある。「壁」と仲良しになる日もあれば、断食やアーユルヴェーダの知恵など、合間合間にシェアする情報も多岐に及びます。

「ジャズ」と形容したのは、その都度クラスにライヴ感があるだけでなく、クラスにグルーヴ感もあるから。

ヨガ風に言えば、ヨガルームという空間のプラナ(エネルギー)が高まっている。それが伝わって来ます。

クラス中、一人一人へのアイコンタクトを欠かさず、ポーズをチェックして回る際も、与えているのは「指示」ではなく「安心感」。一つポーズを終えたら、ポーズに従ってくれた人達へ「ありがとう」。

このクラスを誰よりも楽しんでいるのはディーンさんではないだろうかと思わせる笑顔と、
人の素晴らしさを確信している人が持つ優しい眼差し。

これら全てが、同じ空間を共にしている人達のエネルギーを高めます。

 

暖かくて、楽しい、そんなディーンワールドでヨガをしてみたい方。伝統的なヨガの知恵に基づいた確かな土台の上で、彼の奏でるプラナと共にアーサナで踊ってみませんか?

(文章:chii)